保険・保険を知りたいと思った方へ

意外と知らない?保険金に関する法律の話

当サイトは保険の知識を広く世に公開し、自力で保険を学び実践できる手助けになるよう開設されました。
保険を始めるのに必要なお得でレアな情報が満載です!ぜひ読んでいって下さいね
詳細は↓下記トピックス↓にて!!

まずは簡単にご説明

息子と娘の2人の子供がいる知人が、生命保険の受取人を娘の名前にしてあります。そうすると知人が亡くなった時の生命保険は、娘が受け取ることになります。娘が兄に半分分けてあげたとした場合、兄は贈与税となり高額な税金がかかってきます。娘は死亡保険金となり相続税となりますので、税金は安くて済みます。税金の問題もありますが、「死亡保険金は遺産相続に関係なく、全て受取人のものになる」となっている以上、もし娘が兄に分けてあげるつもりがなければ問題が生じます。
親である知人とすれば、子供たちに平等に分けてあげるつもりでも、法律上は娘のものになり、娘の一存でどうにもなってしまいます。この問題を避けるには、被保険者の変更はできませんが、契約者と受取人は、契約継続中であれば、いつでも変更することができます。知人の場合は、受取人を娘の名前にしておくだけでなく、子供たち二人の名前にしておくことがトラブルを避けられますし、息子が高額な贈与税を払わずに済みます。保険に加入するときは、このような問題も考慮して加入した方がいいでしょう。

保険でも話題の保険についての話は深く知るならココでチェックしてみてください


Copyright (C)2016意外と知らない?保険金に関する法律の話.All rights reserved.