保険・保険を知りたいと思った方へ

死亡保険の対象となる事項

結婚していない私は、普通、結婚や出産を機に考える、生命保険への加入をしていません。世間一般に、結婚したから配偶者のためにも保険に入らなくては、とか、子供が出来たから、万一のときに備え、子供がやっていけるようにお金を遺そうと保険に入るという必要性がなかったのです。そのため、入っている保険も実に簡易なものでしかなく、死亡保障は100万円。はっきりいって私が死んでも家族は困らないだろうから、お葬式の費用が出せればよいという程度の考えでした。
同じように妹もその保険に入っていますが、いまや認知症が進み、目が離せなくなってきた父の世話をしている母もまた、高齢になってきて、体を壊して会社を退社した後、家事を担ってきた私にとって、今や妹が一家の稼ぎ頭。彼女に何かあったらどうしようと、その不安がいつも頭のどこかに巣食っています。彼女には2500万円という死亡保険がかかっている傷害に特化した保険に加入してもらっていますが、これは事故が原因のときだけに限るので、やはり病気についてのサポートも必要かと考えてしまいます。

保険でも話題の保険についての話は深く知るならココでチェックしてみてください


Copyright (C)2018意外と知らない?保険金に関する法律の話.All rights reserved.