保険・保険を知りたいと思った方へ

死亡保険は終身保険がお得。

僕の死亡保険は病死の場合の保険金額は低いのです。自分の家族や親類に病気で早死にした人は一人もいないので、僕もそう早く病気でこの世を去ることはないと考えたのです。病死のリスクは低い。だからそれに対する備えは少なめにしました。また病気の場合は、死に至るまで時間があるし、事前に準備もできるとも考えました。
一方、事故死は全く予想がつきません。僕は普通のオフィスワーカーですが、それでも通勤途中などに事故死をしてしまうリスクはあるのです。ですから、事故死の場合の死亡保険の保険金は高くしました。病死の3倍ほどの金額です。突然襲ってくるものですから事前の備えもできません。それも事故死の場合の金額を高くした理由です。
いずれの場合も、長期にわたって掛け金を支払うわけですからその総額は相当の金額になります。掛け捨ての保険ではもったいないのです。それで、僕は死亡保険は掛け金の戻る終身保険にしています。60歳を過ぎれば、掛け金の総額相当が保険の解約金として戻るものもあります。死亡保険なら、終身保険が絶対にお得だと思いますね。

保険でも話題の保険についての話は深く知るならココでチェックしてみてください


Copyright (C)2018意外と知らない?保険金に関する法律の話.All rights reserved.